ビジネスブログ|あんなかどうぶつ病院は千葉県流山市前平井にある動物病院です。流山セントラルパーク駅から徒歩3分。

あんなかどうぶつ病院
2020年01月22日 [病院のこと]

植物とホテル優等生のご紹介

こんにちは、獣医師の大野です。

入り口付近の鉢の植物が元気です。
半分から後ろにはチューリップシラーシベリカという花の球根を植えました。
今年は暖冬で、チューリップたちは寒い思いをしないときれいに咲かないのですが、
今のところ順調です。すこ〜し芽が出てきました。
チューリップ
去年の倍ぐらいの本数が咲くはずです。今から楽しみです。

ただ…それ以外の部分で言うと今年は正直ちょっと失敗しました。
まず、ビオラネモフィラの前後を間違いました。
昨年パンジーが結構大きく育ったため、ネモフィラをその前にと思ったのですが、
そもそも今年はパンジーではなく一回り小さいビオラなので、
今とてもきれいに咲いているのにネモフィラに隠れてしまってあまり見えません。
正面正面から見た図




ビオラ上から見るとビオラがきれいに見えます。


さらに、ネモフィラを単種ではなく混合種にしたところにも1つ失敗が。
色々な種類の青いネモフィラが咲いたらきれいだな〜と思いこの種にしましたが、
同じネモフィラと言えど種類が違うため、生えてくる葉っぱも形が異なります。
となると、雑草との違いが判りません。
全然違う葉っぱがあっても、「でももしかしたら違うタイプのネモフィラかも」と思い、
抜くことができません。

ネモフィラ↑このタイプのネモフィラはすでに咲き始めました。


もしかすると私は雑草を大事に大事に育てているのかもしれません。
答えは春にわかると思うのですが、それまでの間、雑草のためにビオラが隠れてしまうのも残念です。
この反省は今後に生かそうと思います。とりあえず何でもいいから咲いておくれ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ホテルに来ている子たちは、個々で大きく行動様式が異なります。
それぞれの子たちに可能な限り快適に過ごしてもらおうと、
1匹1匹の性格や普段の飼育環境などを考慮して、入れるお部屋の場所を考えたり、
ケージの中に入れるアイテムを考えたりしなくてはなりません。

犬の場合ですと、
@ 人が好きなタイプか、好きではないけど我慢できるのか、すぐに咬みつくのか
A 排泄は散歩でするのか、ケージ内でするのか、両方でするのか
B 散歩での排泄はアスファルトが好きなのか、土の上が好きなのか、すぐにするタイプなのか、
  逆にしっかり歩いてからではないとしないのか
C ケージ内でする排泄は尿も便も両方するのか、ケージの外の通路に向かって排尿してしまうのか、
  排泄した便を踏んでしまうタイプかきちんと踏まないように避けるタイプか
D ご飯はなんでも食べるタイプか、選り好みするのか、そもそもホテルでは一切食べないのか
E 敷いたタオルやペットシーツはキレイな状態を保てるのか、ビリビリに破壊してしまうのか、
  破壊だけでなく飲み込んでしまうのか
F 静かにケージの中にいるのか、最初だけ吠えるのか、ずっと吠え続けるのか、
  他の犬や人が見えると吠えるタイプなのか、吠え続けて爪や鼻に傷を作ってしまう
  自傷行為のような状態になるのか

猫の場合
@ トイレは砂でするタイプか、ペットシーツでするタイプか、夜静かになってからでないと
  排泄できないタイプなのか
A 人が好きで構ってほしいタイプか、タオルをかけて見えないように隠してあげた方が
  安心できるのか、終始攻撃を仕掛けてくるタイプか
B ご飯はなんでも食べるタイプか、選り好みするのか、そもそもホテルでは一切食べないのか
C 犬の声が苦手なタイプか
D トイレはケージに固定しないとひっくり返してしまうのか否か

など、ざっくり考えるだけでもこれぐらいです。
その他にも普段常用している薬やサプリメントがあったりもしますし、
気を付けていてもいつもの飼育環境とはガラッと変わるために
体調を崩してしまう子がいるのも事実です。
入院とは違い、ホテルでくる子たちはベースは健康であることが前提なため、
帰る時も健康で怪我なく帰ってほしいものです。
なので、ホテルは入院ほど手がかからないものの、預かるときは少し緊張します。

時々全く手のかからない、我々が「ホテル優等生」と呼んでいる子たちがいます。
割合的には20匹に1匹ぐらいの数です。
先日ホテル利用をしたマッキーくんも「ホテル優等生」の1匹です。
マッキー
マッキーくんは攻撃性もなく、とてもフレンドリーです。
ご飯は与えた瞬間に1粒残さず食べてしまいますし、吠えることもなくとても静かです。
他の子が吠えていてもつられてしまうこともなく、他の子が先に散歩に行ったりご飯をもらったり
していてもウロウロするだけで吠えて要求することもありません。
そして、下に敷いたタオルも全く汚しません。
お散歩では必ず排泄をしますし、散歩中に他の人や犬に吠えかかることもありません。

「マッキーは本当に良い子だな〜」と先日も散歩をしながら考えていました。
何も欠点がないってすごいな〜、でも本当は何かあるんじゃないか、
欠点のない子なんて本当に存在するんだろうか、私が気づいていないだけではないだろうか…
と、ぼ〜っと考えながらマッキーくんと夜の道を散歩をしていたら…
突如私の足元に何か黒いものが転がってきました。

ありました、マッキー君の唯一の欠点
それは、排便をした後に後ろ足で後方へ地面を掻くこと。
けりけり
それはそれはすごい力強さです。写真もぶれてしまうほどに

時々その勢いで出来立てほやほやのウンコがこちらへ飛んできます。
ぼ〜っとしてると被弾してしまうのと、私が避けていると他の通行人の方へ飛んでいく可能性があります。
ウンコ爆弾奇襲攻撃!


まあ、そんなの全然たいした欠点ではありません。
好きなだけ飛ばせばいいさ!おかげで後ろ足の爪がいつも短いという長所をまた一つ発見しました。

またのお越しをお待ちしております!

このページの先頭に戻る